語彙不足

卑屈な人が好きそうな本をよく読みます。たまに株の話。

村田沙耶香

『消滅世界』村田沙耶香 8割の人が人との恋愛をしないパラレルワールド

こんにちは、りんたろう(@rintarou44)です。 何度か村田沙耶香さんの感想をブログで書いてきましたが、唯一再読するやる気がなかなか出なかった本です。 最後の雨音の行動があまりにも理解し難くて、人が怖いと思ってしまったんですよね。 個人的には問題…

芥川賞作家 村田沙耶香のおすすめ本3選

こんにちは、りんたろう(@rintarou44)です。 村田沙耶香さんのおすすめの本から見ていきたいと思う。 彼女は文章での色彩の情景や日常の何気ないワンシーンを鋭く切り取り表現する。 そして、等身大の女性の苦悩を描くことに優れている。 1.醜くも美しき思…

価値観の創造 『しろい街の、その骨の体温の』 村田沙耶香

こんにちは、りんたろう(@rintarou44)です。 今回は大好きな村田沙耶香さんの『しろい街の、その骨の体温の』という本の紹介となります。 本作は彼女の作品で評価が1番高いとされています。 思春期の女子のスクールカーストがリアルに描かれています。 過…

【書評】『コンビニ人間』芥川賞の中でも異例の作品?

こんにちは!りんたろうです(@rintarou44)。本日は、前回に続き村田沙耶香さんの作品の紹介になります。前回の記事はこちら⇓ www.rintarou.workどん!! 『コンビニ人間』 第155回の芥川賞受賞作品です。『芥川賞の偏差値』著:小谷野敦さんのなかで ここで…

【書評】村田沙耶香 『となりの脳世界』を読んで

こんにちは、りんたろうです(@rintarou44)。 今日は村田沙耶香さんの『となりの脳世界』という本を紹介したいと思います。 エッセイ集ですので、隙間時間でもサクサクと読むことができます。 言語化が非常にしずらいのですが、自分の感性に語り掛けてきてく…